各種商品小売業

「埼玉県各種商品小売業最低賃金」が適用される業種は次のとおりです。

  

日本標準産業分類(平26年4月1日施行)

  

■I560  管理,補助的経済活動を行う事業所(56 各種商品小売業)

 注) 下記適用業種(印)に係るものに限ります。
      5600  主として管理事務を行う本社等
      5608  自家用倉庫
      5609  その他の管理,補助的経済活動を行う事業所

 
I561  百貨店,総合スーパー
      5611  百貨店,総合スーパー

 
I569  その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)
      5699  その他の各種商品小売業(従業者が常時50人未満のもの)

 

■L7282 純粋持株会社

   注) 純粋持株会社のうち、管理する全子会社を通じての主要な経済活動が上記産業に分類されるものに限ります。

 

※1 各種商品小売業とは、日本標準産業分類解説の「衣、食、住にわたる各種の商品を一括して一事業所で小売する事業所が分類される。この事業所は、その性格上いずれが主たる販売商品であるかが判別できないものであって、百貨店、デパートメントストアなどと呼ばれるものにその例が多い。」によるものが該当します。

 

※2 コンビニエンスストア(飲食料品を中心とするものに限る)は「I589その他の飲食料品小売業」に該当するため、各種商品小売業に該当しません。

このページのトップに戻る

給付金確認じゃ中小企業を経営されている方へアスベスト情報あかるい職場応援団働く人のメンタルヘルスポータルサイト「こころの耳」

働き方休み方改善ポータルサイト育てる男が、家族を変える。社会が動く。育MENイクメンプロジェクト厚労省人事労務マガジン技能講習修了証明書の発行に関するご案内東日本震災関連情報

埼玉労働局 〒330-6016 さいたま市中央区新都心11-2 ランド・アクシス・タワー

Copyright(c)2000-2011 Saitama Labor Bureau.All rights reserved.